行列のできるラーメン屋にする方法

行列のできるラーメン屋にする方法

聞いてた話と違います,フジテレビ,ラーメン屋失敗,ラーメン失敗談,
↑↑↑
おかげ様で、
フジテレビ系「聞いてた話と違います」ブームに潜む落とし穴
出演させていただきました。

行列のできるラーメン屋にする方法

行列のできるラーメン屋にするのは意外と簡単で席数を10席以下にします。

 

 

それと、らーめんを個別で作る。

 

「らーめんを1杯1杯丁寧に作っていますので、少々お時間をいただいております」

 

と張り紙しておけばOK!!

 

名古屋にある行列ができるラーメン屋なんて、

 

わざと寸胴でもぅすでにできているスープを雪平なべに移し替えて

 

1杯1杯丁寧に作っている。

 

よぉ〜く見ていたら無駄な動きばかりしているのだが、

 

そりゃ行列ができるにきまってます。

 

 

客席数でいうと行列ができるラーメン屋にしたければ、

 

9席がベストなんですが、

 

単純計算しますと、

 

9席で1人にらーめんを提供する時間約7〜10分+らーめんを食べる時間20分

 

お客さんが席について、らーめんを食べ終わるまでに、だいたい1人20分〜30分かかる計算になります。

 

 

昼間のランチタイムでしたら、ラーメン屋の営業時間はだいたい11時半〜14時までとして、約2時間半

 

(2時間半)150分÷30分=5人

 

5人×9席=45人

 

たったの45人のお客さんの数で、お昼のランチは満席になるのです。

 

もう一度いいますね、たったの45人です!

 

時間的に見ても、これ以上は無理なのですから、これ以上来ていただければ、

 

当然時間内にさばききれない行列ができる繁盛店となるわけです。

 

 

せっかく並んだのだから、「美味しいに決まっている」

 

お客さんの心理的にも良い方向に向かいますしね。

 

ガラガラのラーメン屋で、すぐにらーめんが運ばれてくれば店=インスタントじゃないのか?

 

などと変にかんぐってみたりもします。

 

質が低いらーめんが提供されたと思うお客さんもいるでしょう。

 

 

ラーメン専門用語集


ホーム RSS購読 サイトマップ