お金がないからラーメン屋ができんってのは言い訳

お金がないからラーメン屋ができんってのは言い訳

聞いてた話と違います,フジテレビ,ラーメン屋失敗,ラーメン失敗談,
↑↑↑
おかげ様で、

フジテレビ系「聞いてた話と違います」ブームに潜む落とし穴に

出演させていただきました。

お金がないからラーメン屋ができんってのは言い訳

お金がないからラーメン屋ができんってのは言い訳だな。

 

俺が、やっていたラーメン屋は、家賃8万で、2階部分が居住スペースになってるとこを借りていた。
※そこは2階部分をリフォームしたから8万だったが、リフォームしていなければ7万だった。

 

敷金・礼金がたしか、3カ月分だった。たったの24万だ。

 

俺も、ラーメン屋開店と同時に、そこに引っ越した。

 

二重家賃はさすがにキツいからな。

 

それぐらいは、お金がないといっても、自分で用意しろよ!

 

それぐらいも用意できないんなら、たぶん人として、商売に向いてないからやめとけ!

 

後は、最悪、借り手もいい。

 

開業資金は、貸してくれるとこは、沢山ある。

 

俺も、普通にローン会社に資金を借りた事もあるし、信用金庫で借りた事もある。

 

銀行と信用金庫の違いって知っているか?

 

銀行は、株式会社で、株を売ってお金を集めている。

 

信用金庫は、会員からお金を集めていて、地域活性なんかに役立てようと運営している。

 

だから、銀行でお金を貸してくれなくても、信用金庫でなら、資金を貸してくれることはよくある。

 

因みに、俺は200万程、資金を信用金庫から借りた。

 

備品なんかは、最初は100円均一、中古で充分。

 

冷蔵庫や電子レンジ、フライパン・寸胴など、全部集めても20万あればなんとかなる。

 

最近何かと話題のヌードルメーカーもお勧めだ。

 

20万〜30万あれば、とりあえずのラーメン屋の設備は揃う。

 

まずは、そこから。

 

最初の20万〜30万円の自分への投資ができるか?できないか?

 

これが、最初に言った、

 

【お金がないからラーメン屋ができんってのは言い訳】ってこと。

 

具体的に、動いてみなけりゃ、何も始まらない。

 

明日やろうは、馬鹿野郎。

 

いつか野郎は、おお馬鹿野郎。

 

後は家賃だけ。家賃が払えなきゃ、最悪俺みたいにそこに住めばいい。

 

本気でラーメン屋やりたいなら、それぐらい我慢しろよ!

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ