行列ができるらーめん店の秘訣は客席数!!

行列ができるらーめん店の秘訣は客席数!!

聞いてた話と違います,フジテレビ,ラーメン屋失敗,ラーメン失敗談,
↑↑↑
おかげ様で、

フジテレビ系「聞いてた話と違います」ブームに潜む落とし穴に

出演させていただきました。

行列ができるらーめん店にしたければ秘訣は客席数にあり!!

行列ができるらーめん店の秘訣は客席数にあり!

 

どんな手を使ってでも行列ができる繁盛店に見せたきゃ、

  1. 営業時間を短くして、
  2.  

  3. 客席数を減らせばいい。

 

営業時間が長ければ、長いほど、並ぶ確率は低くなってしまうからな。

 

それは当たり前の話。

 

それと、店主と従業員の1人〜2人で、お店を切り盛りしていくなら、

 

ベストな客席数は、9席。
(これは、名古屋のような中都市に限っての話)

 

東京なら、14人〜18人ってとこかな。

 

 

なんで、9人か?っていうと、

 

割り切れないからなんだ。

 

基本カウンターだけのお店なら、団体でくるお客さんや家族連れはまずない。

 

だいたい、お一人様〜カップル〜3人くらいまでだ。

 

そうすると、2で割って、1人余っても、お一人様のお客を通してあげられるだろ?

 

カップルだったら、隣同士座りたいから、別々の所が空いても座らない。

 

9席って数は、なかなかうまいことできてるんだ。

 

それと、もし客席を増やしたいと思っても、時間の計算上、、

 

店主と従業員の1人、もしくは2人で仕事を回すなら、

 

これぐらいの人数がちょうどいいんだ。

 

 

それはなぜか?と説明すると、

 

麺の茹で時間や、麺の玉数が決まっているから。

 

たとえば、1クール4玉で、らーめんができるまで5分かかるとすると、

 

3クールで、12杯、15分

 

4クール目だと、15分以上かかる。

 

 

人間というのは、実は席に座ってから、ウェイティングメーター(待っていられる時間)が動き始める。

 

だから、基本的には立ったままで、待っていただくのが、一番いい。

 

ラーメン屋の場合、席に座って、注文から5分以上経過すると、

 

みんなイライラしてくる。

 

想像できるよな?

 

ラーメン屋に来る客層。

 

チャラそうなにーちゃんだったり、タクシーの運転手だったり、

 

短い昼休憩の合間に来るサラリーマンだったり。

 

 

だったら、席に着いて、3〜4分で、タイミングよく出せるように座らせればいい。

 

空いてるのに、「なんで座らせないんだ?」とかもないからな。

 

だから、回せる時間、従業員の数を考えれば、

 

席は過剰に作らない方がいい。

 

 

次の記事
↓↓↓
ラーメン屋は熱意さえあれば誰でも簡単できる!を読む!

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ