ラーメン屋開業は誰でも簡単にできる?ただし熱意があれば

ラーメン屋開業は誰でも簡単にできる?ただし熱意があれば

聞いてた話と違います,フジテレビ,ラーメン屋失敗,ラーメン失敗談,
↑↑↑
おかげ様で、
フジテレビ系「聞いてた話と違います」ブームに潜む落とし穴
出演させていただきました。

ラーメン屋は【熱意】さえあれば誰でも簡単に開業できる!

ラーメン屋は熱意さえあれば誰でも簡単に開業できてしまいます。

 

ラーメン屋ほど、素人でも、誰でも簡単にできてしまう商売は他にないです。

 

1杯の丼ぶりの中に、どれだけ「自分の思い」を詰め込めるか?

 

それが勝負の鍵となる!

 

自分の思いが詰まったらーめんなら、

 

自信を持ってお客に提供することができる!

 

それが、自信がない・・・適当に作ってみました・・・・

 

では、表情や態度に現れてしまって、お客が来なくなるのは当たり前。

 

どれだけ、自信があるものを、堂々とお客に提供できるか?

 

それには、訳がある。

 

 

僕もラーメン屋を開業した時、飲食では一応プロだったが、

 

ラーメン作りにおいては、素人に毛が生えた程度のものだった。
※なんせラーメン屋で週1アルバイトした程度なので

 

 

だけど、「俺のラーメンは絶対にうまい!」

 

ただ、それだけの自信だけで、ラーメン屋を開業させたのだ。

 

 

普通に考えてみればよくわかると思う。

 

たとえば、イタリアンやフレンチのお店をやりたいと思う人は、

 

必ず、どこかのお店で修業する。

 

だけど、ラーメン屋は違う。

 

ラーメン屋を開業したい人は、ラーメン屋で修業した経験もないのに、

 

自分の店を持ちたい!ラーメン屋がやりたい!って人がほとんどなのだ。

 

これって、先にも述べた、イタリアンやフレンチの世界では考えられないこと。

 

「俺はとにかく誰よりもらーめんを愛してる!」

 

「俺が作ったらーめんをみんなに食べて欲しいんだ!」

 

と、いう思いに突き動かされた人達がほとんど。

 

しかも、それで成功してしまう。

 

だから、【ラーメン屋はおもしろい!】

 

 

 

 

 

【持つべきでない頑固さ】と【持つべき頑固さ】

持つべきでない頑固さと持つべき頑固さって、

 

ラーメン屋を経営していく上で、結構重要。

 

よく、たいしてうまくもないラーメン屋なのに、「こだわりの頑固オヤジの作ったらーめん」

 

みたいなのが、結構あるけど、もうちょっと他人の意見聞いたらどうなの?ってある。

 

「たいしてうまくないんだから」

 

 

「技術がないからできません」

 

「向上心がありません」

 

って素直に言えよ!

 

 

ラーメン屋を成功させる為には、いい意味での頑固さは必要だと思う。

 

一本筋の通ったようなね。

 

1つの味だけできて、俺はこれしか作らん!は、ただの不親切です。

 

やっぱり、【醤油らーめん】【塩らーめん】【味噌らーめん】

 

一通りできて、その中に、何かしら自分独自の「こだわりを持つ」

 

それをお店の看板メニューにする。

 

 

さっきも言った、

 

「技術がないからできません」

 

「向上心がありません」

 

を都合よく、【頑固】なんて言葉に置き換えるのはズルいよね。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ